外用薬ミノキシジルとは!るアップ日本販売|円形脱毛症体験記私の記録

円形脱毛症体験記|私の記録トップ>外用薬ミノキシジル 

外用薬ミノキシジル

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、血管拡張作用がある薬物で、本来は降圧剤として開発されたのですが、副作用に多毛が認められたので、発毛の外用薬として使われるようになりました。

ミノキシジルを使用して、1~2カ月経った頃に、まれに、抜け毛が増えたように感じる事があります。抜毛と言っても、休止期にあった毛包が成長期に入る為に、古い毛が抜けている為で、次に新しい毛が生えてくるので、抜け毛が増えた!!と不安になる事はありません。

日本で手に入るミノキシジル

日本で手に入るミノキシジルは、いまのところ1パーセント溶液のみ、になっています。アメリカなどでは、高濃度(2~5パーセント)が市販されています。ミノキシジルは濃度が高いだけ効果的だと言えるのですが、日本で販売している会社が、一般用医薬品として日本に導入したことから、1パーセントの濃度のミノキシジルしか販売ができないという事になってしまいました。

一般用医薬品とは

一般用医薬品とは、医師の処方箋がなくても、薬局などで購入できる薬の事です。

ミノキシジル5パーセントを日本でも販売

ついに5パーセント販売

最初は1パーセントのミノキシジルしか販売できなかったのですが、今はミノキシジル5パーセント製剤の臨床実験が行われ、2009年2月に一般用医薬品として承認を受け、リアップX5という商品名で市場に販売されました。今現在は、色々な商品が販売されていますので、自分にあった物を選んでみると良いと思います。女性用はやっぱり1パーセント濃度のものしかないもいたいです。ちょっと残念

ミノキシジルが配合された商品

毛髪関連ページ

このページのトップへ

円形脱毛症関連ページ

円形脱毛症体験記私の記録
inserted by FC2 system